新着
今日の午前中、ゆめ組・そら組の子供たちが西中学校を訪問しました。 西中学校では、先輩の皆さん方に、校内施設の案内や交流授業を企画していただきました。 体育館では、みんなで「だるまさんがころんだ」でリラックス! 小学生にとっては、中学校の様子を知る、たいへんよい機会となりました。  
西中校区の4校(西中・吉田小・丹生小・一ノ宮小)の代表児童・生徒による、「いじめ防止子ども会議」が、西中学校で開催されました。 西中生徒会役員の好リードのもと、各学校でのいじめ防止の取組紹介や、グループに分かれての話合い(いじめが起こらない学校づくりについて)を行いました。 この成果を各学校に持ち帰り、皆が安心して楽しく通える学校や校区をつくっていきましょう。  
先週から本校でボランティア活動に取り組んでいる高校生3名。 昼休みの校庭では、子供たちに囲まれてしまうほどの人気者です。 母校でのボランティアも20日まで。小学生との心の交流を深めてもらえればと願っています。
5時間目に不審者侵入を想定した避難訓練を行いました。  子供たちは「不審者に声をかけられた時どうしたらよいのか?」、富岡警察署の方にご指導いただきながら、体験し、みんなで考えました。そして、その時の合言葉は、「いかのおすし」です。    いかない、のらない、おおごえをだす、すぐにげる、しらせる  スクールガードリーダーからは、「いざという時、大きな声を出すには、普段から大きな声を出せる練習をしておくとよい。」とお話がありました。心がけとして、挨拶、返事を大きな声ですることです。    
国語の「すいせんします」の単元で「6年生を送る会」で、どんな遊びをするかを話し合いました。事前に自分の考えがよく伝わるように、スピーチの原稿作りにも励みました。自信をもって意見を伝え、友達の考えをしっかり聞くことができました。  
富岡市の生涯学習フェスティバル(まなびのつどい)で、ボランティア委員会が表彰され、代表児童が出席しました。 青少年健全育成に関する「青少年自己実現魁(さきがけ)賞」をいただきました。 毎年行ってきたペットボトルキャップの回収とワクチン寄付の取組が認められての表彰です。  委員会の子供たちはもとより、キャップ回収に協力くださっている、子供たち、PTA本部役員やご家族の皆様、一ノ宮地区の皆様全体がいただいた賞です。 あらためてお礼申し上げます。        
体育で、マットあそびをしています。 まえころがり、うしろころがりにチャレンジ! 坂道にして勢いをつけやすくする場も作りました。 ほかにもいろんな動きができるようになりました!          
放課後、ブランコで誰が一番高い所までこげるか競い合っていました。 卒業まであと27日。楽しい時間を過ごしましょうね。      
今朝(2月12日)の集会で紹介した3名の卒業生(高校3年生)が、さっそく授業のお手伝いに参加しています。 子供たちも興味津々。よい出会いが生まれることを期待しています。よろしくお願いします。