ブログ

ふぁんぐりっしゅな授業を推進します!

3年生 世界のあいさつに触れる(英語)

 

3年生の最初の授業がありました。

外国語学習および国際理解教育の第一歩として

世界の国々のあいさつのしかたを学びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国によって言葉が違うことや文字が違うことに気付き

それぞれの国のあいさつをまねして発声したり

どこの国のあいさつかを当てるゲームをしたりして

楽しそうに学習をしている様子が見られました。

令和4年度の授業開きに向けて(英語)

 

英語ルームの模様替えを行いました。

児童がたくさんの英語に触れて楽しく学べるよう

ALTを中心に掲示物を作成しました。

 

今年度、富岡市は英語教育に力を入れており

『Funglish』な授業を推進していきます。

Funglishとは、fun(楽しい)+English(英語)

という意味の造語です。

 

自ら積極的にコミュニケーションを図ることが

できる児童の育成を目標にスタッフ一同全力で頑張ります。

NEW 2年生の英語の授業

 

2年生の英語の授業で、体の部位について学習しました。

児童は、ALTの言った体の部位をさわったり、

繰り返し言ったりしながら、英語に親しんでいました。

 

体のパーツを言いながら模造紙に貼り付けて

作品を作ることができました。

 

 

NEW 国際理解教育 ~ブラジルについて~

 

学生のときにJICA海外協力隊の一員として、ブラジルに渡航歴のある本校の教員が

国際理解教育の一環でブラジルの生活や文化についての授業を行いました。

6年生に向けて授業を行いました。

 

児童はこれまでにもフィリピンやカナダなどの英語圏の国について学びました。

ブラジルはポルトガル語が公用語であるため、挨拶や返事などが披露されると

とても新鮮に感じている様子でした。復唱したり歓声を上げたりしていました。

パワーポイントのスライドで地図や写真などを交えながら授業をしました。

児童は興味津々な様子で話を聞き、45分があっという間に過ぎてしまいました。

貴重な時間を過ごすことができました。

 

キラキラ クリスマスレッスン

 

クリスマスのスペシャルレッスンを行いました。

国際理解教育の一環として、外国のクリスマスに関する映像を見たり

ALTが作ったスライドを見ながら日本との違いを探したりしました。

 

ALTの母国のフィリピンでは9月1日から12月25日まで約4ヶ月間が

クリスマスの期間となっており、世界で最も長くお祝いをしているそうです。

この時期になると町がクリスマス一色になり家の中だけでなく外壁や屋根まで

飾り付ける家も少なくないそうです。ALT2名の家の写真も授業で披露され、

児童は「家が大きい!」「豪華なイルミネーション!」などと歓声を上げていました。

 

フィリピンでは80%以上の方がキリスト教のカトリック信徒なのだそうです。

カトリックの方は12月16日~12月24日まで連続する9日間

朝の4時から教会で1時間のお祈りを捧げる風習があります。

9日間早起きをして1日も欠かすことなくお祈りをすると

願いが成就すると言い伝えられているのだとALTが教えてくれました。

 

さて、授業ではフィリピンの子どもたちがクリスマスに行うゲームをしたり

クリスマスカードを作ったり、クリスマスソングを歌ったりしました。

日本の福笑いに似たゲームや椅子取りゲームなどもありました。

家族や友達などに宛てたクリスマスカードの他に

先生にカードを書いてくれた児童もおりとても嬉しかったです。

 

花丸 4年生外国語 単元まとめの発表

 

4年生が Lesoon 7 What do you want? 単元のおわりに

オリジナルのパフェを発表する活動を行いました。

本単元では野菜や果物など身近なものの言い方を知り、

それらを活用してALTの先生や友達と交流をしてきました。

 

最後の発表は show & tell の形式で行い、

慣れ親しんだ I want a(n) ~. の表現と果物の名前を組み合わせて

上手に発表することができました。ジェスチャーを交えたり、

果物を指さしたりしながら工夫して発表する児童も見られました。

 

 

NEW 5年生が英語で道案内をしました。

 

「Unit 5 Where is the post office」の単元の最後の活動で

これまでに学んできた英語を使って道案内をする活動を行いました。

 

 

Turn right. (右にまがって)Turn left.(左にまがって)

Go straight for just alittle bit.(ちょっとだけまっすぐ進んで)

You can see it on your right.

(目的の場所は右手がわに見えるよ!)などの

英語を使ってペアの友達を目的地まで案内しました。

 

ペアを替えながら何度も案内をしたので

英語を発話する機会をたくさん作ることができました。

花丸 6年生が単元の学習(Unit 5)を終えました。


6年生、Unit5の単元学習が終了しました。


本単元は、 Unit 5 We all live on the Earth.

地球に暮らす生き物について考え、そのつながりを発表するという内容です。

学習を進める中で、児童は様々な生き物の名前や鳴き声、

すみか、天敵などを英語で言うことができるようになりました。

そして興味のある生き物を一つ選び、発表会を行いました。

発表は個人の端末で撮影した動画を先生に提出しました。

[◎◎ eat △△. / ◎◎ live in (by) the ◇◇ ]などの表現を流ちょうに使っていました。

また、その生き物の特徴を [◎◎ can jump high.] などと付け加えた児童もいました。

 

学習のまとめとして、発表した内容を簡単な英語でまとめたポスターを作りました。

ポスターは一人一台端末で作成しました。作成したPDFデータはGoogle classroomの

機能でクラス全員の友達と共有し、わかったことや良いところ、質問などについて

コメントを入れるなどして交流しました。

以下は児童が作成したポスターの一部です。ご覧ください。

 

    作品①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

    作品②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    作品③

 

花丸 6年生がChromebookを活用して発表を行いました。

 

6年生が教科書のUnit 3 "Let's go to Italy." の学習を終えました。

様々な国の文化を知り、自分の行ってみたい国や地域を選び

その理由を伝えることが本単元の目標でした。

学習のまとめとして今日は児童1人に1台配付された情報端末の

"Chromebook" を使用して行きたい国について発表を行いました。

 

前回の授業では行きたい国の国旗や現地で食べることができる

おすすめグルメ、おすすめの観光地などの写真をダウンロードし、

発表用のスライドを作成しました。

2クラスとも全員が1時間の授業内に完成させることができました。

スライドの集約は "ミライシード" の "オクリンク" の機能を使って

行い、事前に指導者のチェックを受けてから発表を行いました。

 

今日の発表ではgoogleのキャストの機能でChromebookの画面を

テレビに転送して拡大し、全員が見やすいように配慮しました。

美しい風景やおいしそうな食べものの写真が披露されると

時折歓声が上がるなど終始和やかな雰囲気で発表が進みました。

 

食べものや地名の英語名をメモした補助的なワークシートが

手元に置いてありましたが、児童は原稿を棒読みするのではなく

友達の方を向きジェスチャーを交えるなどしながら発表をしていました。

大勢の人の前に立ち、端末の操作を行いながら慣れない言語を話す

難易度の高い活動でしたが、児童は意欲的に取り組んでいました。

 

即興的に英語を話す力など、実際の生活で使えるような英語能力を

身に付けることがでいるよう、今後も児童と教師で一丸となって

楽しみながら学習を進めていきたいと思います。